読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Nami's diary

フランスでの出来事、音楽学校のことなど日々更新(o^^o)

EDF(電気会社)の契約。

渡仏後手続き

パリに引っ越してきたときにした、契約系をざっくり書きます!


まず、EDFの契約。

今までは電気代込みのところに住んでいたので、初めての契約。


これは、電気のメーターの番号(前に住んでた人がどこまで使ったか)と前の人の名前をEDFの会社に電話で伝えます。

 

EDFの番号はインターネットで調べたら出てくると思います!


前に住んでた人がEDFとの契約を解除しているので、再契約の為に電話!

 

契約が解除されていても、1ヶ月くらいは電話契約しなくても使えるのですが、入居したら早めにEDFに電話することをお勧めします(._.)


だいたい前の人が支払ってた金額を私も払うことになるみたい。


ただ。ここはフランス。


もし月々の電気料金が毎月オーバーしてしまったら。


はい。
12月に電気会社から超えた分の請求がきます。


ちーん。

毎月教えてくれよ。


ここはフランスだからね。
フランス…


じゃあ、そんなに電気代使ってなかったらどうなるねーんって!

 

返金されます\(^o^)/

 


どんな適当なシステム。


で、電話しまして。


色々聞かれます。

どれくらいの家の広さ、電気器具はどのようなものがあるのか(洗濯機とか)、冷蔵庫の大きさなど…
あとは銀行のRIBを電話で伝えます。


前の人は毎月13ユーロ払ってたみたい。

これ少なすぎね。
どうしたらこんなけなの?
謎。


で、電気屋さん。


じゃあ、1ヶ月40ユーロでどう?って。


ちょっと待って。
この小ささで40ユーロはないやろー!!!って反抗。


暖房も冬しか使いません!!
だから20ユーロで!!!ってw


で、30ユーロで話は落ち着きましたw


まーいいわ。

で、一回目の請求。

もちろん30ユーロくらい。


二度目の請求。

20ユーロ。


?????????


意味不明。


たぶん受付の人が適当すぎて、この広さなら20ユーロかってあとでなった模様。


ちょ!
フランス!!!

いい加減!!